Vol.3 ランタン通りの夜と朝

闇に浮かぶ色とりどりの灯り。 川沿いの道の一本奥、ふらふらと歩いていけば、そこはランタン通り。 みな幸せそうに笑っている。 夜のランタン通りへ 異界にきた。そんな感じのランタン通り。 恨みつらみも、後[…]

Read more