Vol.2 早朝のビーチへ

泊まった宿はパーティー宿。 半裸の若者たちが明け方まで乱痴気騒ぎ。 もう、あそこには戻れなくなってしまった。 突き上げる低音とざわつく人の声を聞きながら、それでも熟睡した。 みなが部屋に戻る早朝5時、[…]

Read more